本校の特徴千葉医療福祉専門学校の特徴をご紹介します

「少人数制」の実施

通常定員40人制の学校が多い中、当校では定員30人による少数教育を実施。
臨床経験豊富な教員が直接指導します。
少人数制のため、授業や長期にわたる臨床実習の準備を教員がきめ細かく指導します。

「やる気」を重視

guide05理学療法士・作業療法士は人を相手にする職業なので、何かに熱中できる人、人間的な魅力のある人こそ求められます。
高校時代、ボランティアや部活などに打ち込んだ経験・人間性・やる気を重視します。

「就職・技術指導」の充実

guide06少人数制により、きめ細やかな就職指導が受けられます。 また就職後も臨床経験豊かな教員が、理学療法・作業療法の仲間として相談をお受けします。

「新技術」にも対応

guide07IT時代といわれている21世紀。
医療の現場も大きく変わろうとしています。世界の情報をいち早く採り入れるインターネットにも対応。

「住居の斡旋」システム

本校近隣には、学生対応の民間アパートが多数あります。入学時には複数の不動産屋を紹介しておりますので、要望に応じて物件を紹介させて頂きます。

「高度専門士」の称号取得

「高度専門士」は、文部科学省が設定したいくつかの条件を満たした4年制専門学校のみに許された称号です。「高度専門士」の称号を得ることで、色々な分野の高度研究機関(大学院)への進学が可能になりました。

「学士号」の取得

希望者は大学の通信教育を併習することにより、本校卒業と同時に大学卒業の資格取得も可能。また、卒業後に4年制大学への編入や、大学院への進学も可能です。